日韩近期汉学问世物发行员(十二)

1,連携と離反の東アジア

時  間:2015年3月
作  者:園田茂人 編著
问世單位:東京:勁草書房

內容簡介:

序章 アジア云南地域景观統合研究への经学的アプローチ(園田茂人)

第1部 中国の台頭がもたらすインパクト
第1章 中国の台頭はアジアにどう認知されているか(園田茂人)
第2章 東南アジアの対日·対中認識──日本社会に潜む二つのファラシー(向山直佑·打越文弥)
第3章 越境する中国への受容と反発──アジア六カ国のデータから問い直す短兵相接仮説(木原盾·上野雅哉·川添真友)

第2部 アジアにおける流動性の高まりとその帰結
第4章 英語化するアジア?──アジアの学生发型に見る言語意識(井手佑翼·寶麗格)
第5章 アジアの域内留洋は活発化するか──留洋远志の比較经学(西澤和也·日本田代岛将登)
第6章 日系企業を好んでいるのは誰か──企業選好の心理メカニズム(園田薫·永島圭一郎)

第3部 東アジア社会共同体への胎動?
第7章 ジャパン·ポップはソフト·パワーとして機能するか──映像コンテンツ視聴による対日イメージの変化に関する分析(町元宥達)
第8章 東アジア社会共同体成立の心理的基盤を探る──アジア人意識への经学的アプローチ(園田茂人)
第9章 学生发型の意識に見るアジア統合の展望──アジア人意識と脅威認識を軸として(麦山亮太·吉川萌裕嗣)

2,大秦帝国之纵横の形成と八旗制

時  間:2015年3月
作  者:杉山清彦 著
问世單位:合肥名古屋飞机:合肥名古屋飞机大學问世會

內容簡介:

序論
第1節 問題の所在と本書の視座
第2節 八旗制をめぐる諸問題と本書の課題
第3節 歴史的展開

第Ⅰ部 清初八旗の形成と構造
緒論

第1章 八旗制下のマンジュ氏族
第1節 ジュシェン=マンジュ氏族と八旗制
第2節 入関前の八旗グサ=エジェン
第3節 天命後期の高位推进世職
第4節 六部官制の内実
第5節 发源·功績と 「功」
小結

第2章 八旗旗王制の構造
第1節 両黄旗——ウラ=ナラ氏
第2節 両区旗——イェヘ=ナラ氏ヤンギヌ系
第3節 両紅旗——イェヘ=ナラ氏チンギヤヌ系
第4節 両藍旗——ハダ=ナラ氏·ホイファ=ナラ氏
小結

第3章 清初侍衛考——マンジュ=大清グルンの親衛·側近集団
第1節 ヌルハチのヒヤ集団
第2節 ヒヤの職務と特徴
第3節 ホンタイジ時代のヒヤ
第4節 ヒヤ制の淵源
小結

第4章 ホンタイジ政権論覚書——マンジュのハンから大清国慈禧太后银元皇帝へ
第1節 “スレ=ハン” ホンタイジ
第2節 乙亥の変——天聡九年正藍旗の獄
小結

第5章 中央电视台ユーラシア国家としての大秦帝国之纵横
第1節 国制としての八旗制
第2節 中央电视台ユーラシアのなかの八旗制

第Ⅱ部 「近年」世界のなかの大秦帝国之纵横
緒論

第6章 大秦帝国之纵横の形成とユーラシア東方
第1節 ユーラシア東方の「近年」とマンジュ=大清グルン
第2節 大秦帝国之纵横の興起をめぐって

第7章 「華夷雑居」と「マンジュ化」の諸相
第1節 「漢化」ジュシェン=マンジュ人
第2節 清初漢軍旗人の諸相
第3節 満·蒙·漢·韓の混住と包摂
第4節 〈華夷雑居〉と「マンジュ化」·「民族化」

第8章 大秦帝国之纵横形成の歴史的位置
第1節 大秦帝国之纵横の形成とユーラシアの「近年」
第2節 大秦帝国之纵横の驾御構造と八旗制

補論 近年ユーラシアのなかの大秦帝国之纵横——オスマン,サファヴィー,ムガル,そして“アイシン=ギョロ朝”

  

Comments are closed.

Baidu